【ブダペスト】街の特徴と観光スポット・旅の基本情報も紹介!

ブダペストはハンガリーの首都で「ドナウの真珠」と呼ばれるほど美しく、町全体が世界遺産にもなっています。

「ブダペスト観光はつまらない」なんて声も聞かれるのですが、果たして真相は?

今回は、フランクフルトから旅したい街シリーズ第1弾として、「ブダペスト」の特徴や観光スポットのほかに、旅の基本情報もコンパクトにまとめて紹介します。

【こんな人におすすめ】
‣ブタペスト観光に興味のある方
‣フランクフルトから行ける観光地を知りたい方
‣日本からのお客様にヨーロッパの魅力を伝えたい方
‣高齢のお客様でも楽しめる観光地を知りたい方

「ブダペスト」の特徴とは?

ドナウの真珠と呼ばれるほどの景観の美しさ

ハンガリーの首都ブダペストは「ドナウの真珠」と呼ばれるほど景観が美しく、町全体が世界遺産にも登録されているほどです。ブダペストに到着したら、中世建造物が残る街並みを散策してもいいのですが、ぜひ高台にのぼり、ブダペストの街を一望してみてください。様々な観光名所がライトアップされる夜景も必見です。

「ブダ」+「ペスト」が合併して「ブダペスト」

「ブダペスト」とは、「ブダ(Buda)」と「オーブダ( Óbuda)」と「ペスト(Pest)」と呼ばれた3つの市が1873年に合併してできた街です。それぞれの市の頭文字をとり、「ブダペスト(Budapest)」となりました。

ブダ地区はドナウ川の西側にあり丘などもある起伏のある地形です。一方ペスト地区はドナウ川の東側になり平地になっています。

ブタペストは温泉の街としても有名

ハンガリーは温泉大国で、全土に1000カ所以上の温泉の源泉があります。ブダペストにも温泉があり、市内では ルカーチ(Lukács)温泉やセーチェニ(Széchenyi)温泉が有名です。せーちぇに温泉では3カ所ある露天風呂から眺める独特な建物はネオバロック様式で、日本の温泉とは一味違う温泉を楽しめるでしょう。

【温泉に行くときに水着を忘れずに!】

もしも温泉に行く予定のある方は、水着を持参することを忘れないでください。ヨーロッパの温泉で裸で入浴することはほとんどなく、水着を着て入浴します。温水プールをイメージしていただけるといいでしょう。
また水温は約38度と低めなので、ビーチサンダルやバスローブがあると◎
日本の温泉とはだいぶ趣が違うので、異国体験としておすすめです。

ブダペストの観光スポットは?

ドナウ川の西側「ブダ地区」にある観光名所

「王宮」Budavári Palota

 

ブダ地区にある「王宮」は中央にドームがあるバロック様式の宮殿です。ただ、バロック様式になる前には、ゴシック様式、次にルネサンス様式へと改築された歴史があります。13世紀にベーラ4世が創建しましたが、16世紀にはトルコ軍によりほぼ全壊され、17世紀にバロック様式に改築されました。その後も大火などによる被害を受けて、現在の姿に修復されたのは1950年代のことです。

現在では、国立美術館、ブダペスト歴史博物館、セーチェニ国陸図書館として利用されています。

「ハンガリー国立美術館」Magyar Nemzeti Galéria

ハンガリー美術を楽しむなら国立美術館に行きましょう。ルネサンス期のハンガリー美術から、ムンカーチ・ミハーイやメルシェ・パール、ロツ・カーロイなどの美術品を所蔵しています。
ハンガリー美術の巨匠として知られるムンカーチ・ミハーイは、美しい風景画もたくさん描いているのですが、彼の代表作と言えばキリスト三部作『ピラトの前のキリスト』『ゴルゴダ』『エッケ・ホモ』です。大胆な構図とその場にいたかのような劇的な描写に目を奪われる作品です。

ハンガリー美術以外にも、中世からゴシック、バロック期に至る美術品、総数約7万点もの作品を収蔵している美術館です。

「ブタペスト国立西洋美術館」Szépművészeti Múzeum

美術館の正面入口にあるパルテノン神殿のような支柱が印象的な「ブタペスト国立西洋美術館」。内部はネオ・ルネッサンス様式に装飾されていて、建造物としての魅力も溢れています。

そのコレクションはラファエロからレンブラント、ルーベンス、エルグレコにロラン、モネなど西洋美術史の教科書に出てくるような作品群のラインナップ。

西洋美術のお手本のような美術品を見るのにお出かけしてみてはいかがでしょうか。

王宮の丘の地下迷路

王宮の丘まで行き少し時間があったのなら、地下迷路に行ってみてはいかがでしょう。王宮の丘には数えきれないほどの洞窟があり、これまでワインケラーや監獄などに利用されてきました。現在ではその一部が公開されているので、冒険心をちらつかせながら見学するのがおすすめ。

「漁師の砦」Halaszbastya

人目をとらえて離さない白亜の塔が印象的な「漁師の砦」は、ベスト地区を一望できる絶景スポットにもなっています。川沿いにあるわけでもないのに「漁師の砦」と呼ばれるのは、かつてここに魚市場があったからだとか、この地を漁師組合が守っていたからなどと様々な説があり、詳しい名前の由来はわかりません。

ドナウ川の東側「ペスト地区」にある観光名所

「国会議事堂」Országház

ドナウ川の川岸に建つ国会議事堂。まるで中世のお城のような佇まいはゴシック・リヴァイバル様式で、1904年に完成しました。ライトアップされた国会議事堂も必見で、その際には川向う、つまりドナウ川の西側ブダ地区から見るのがおすすめです。

「ゴシック・リヴァイバル様式」とは

「ゴシック・リヴァイバル様式」とは、ルネッサンスから19世紀にかけて、従来の古典主義に対抗して出てきた建築様式です。積極的にゴシック様式を取り入れたのが特徴で、国会議事堂のほかにも、駅舎などの公共建築や聖堂建築でも流行になりました。

「くさり橋」Széchenyi Lánchíd 

ブダペスト市民にとってのシンボル的存在の「くさり橋」は、異なる3つの街を繋げるために建築されて、1849年に完成しました。正式名称は「セーチェニのくさり橋」と言い、「セーチェニ」とはこの橋の設計を計画したセーチェニ伯爵が由来しています。

夜景が美しいことで知られるブダペストですが、その夜景をチャーミングに引き立てているのが「くさり橋」。昼間に「くさり橋」に行ってもいいのですが、暗くなりライトアップされてから見れば、なぜくさり橋と呼ばれるようになったのかがわかるでしょう。その光の鎖をお楽しみください。

「聖イシュトヴァーン大聖堂」Szent István-bazilika

ペスト地区の中心部に位置する「聖イシュトヴァーン大聖堂」は、ネオルネサンス様式の聖堂です。ブタペスト最大の聖堂で、1851年に着工、1905年に完成しました。

ドームの高さは96mにもなり、収容人数は8000人です。聖堂内部の彫刻や絵画などの装飾品が素晴らしく必見です。

祭壇の裏手に、ハンガリーの初代国王イシュトヴァーン1世の右手のミイラが収められているのですが、不思議に思われるかもしれません。その理由は、イシュトヴァーン1世はキリスト教を熱心に布教したことを讃えてからだそうです。

有料の展望台がからはブタペストの街全体を眺められるので、見学して損のない大聖堂です。

「マーチャーシュ教会」Mátyás-templom

「マチャーシュ教会」はゴシック様式のカトリック系の聖堂で、正式名称は「聖母マリア聖堂」です。そのマジャル様式の屋根がひときわ目を引きます。

13世紀にハンガリー国王ベーラ4世によって建造され、15世紀にマーチャーシュ1世によりゴシック様式に改築されたことから「マーチャーシュ教会」と呼ばれるようになりました。

ステンドグラスが映えるマーチャーシュ教会では、かつて政治的な行事が行われていて、1867年には「シシィ」の愛称で親しまれている皇妃エリザベートが夫の皇帝フランツ・ヨーゼフとともに戴冠式を行いました。

「マジャル様式」とは

「マジャル様式」とは、色彩豊かなジョルナイ製のタイルで装飾されるスタオイルのことです。19世紀にハンガリー独自の建築様式を確立した建築家レヒネル・エデンによって生み出されました。

マジャル様式は、マーチャーシュ教会以外にも、旧郵便貯金銀行や工芸美術館でも用いられています。

ショッピングを楽しむなら「ヴァーツィ通り」Váci utca

ハイブランドから若者に人気のブランドまでそろうショッピングストリート「ヴァーツィ通り」。歩行者天国エリアには露店も出て、大勢の人で賑わいます。ハンガリーのワインや民芸品である刺繍製品の店もあるので、お土産を探すのにも最適な通りです。

中世の街並みも残されているので、ショッピングだけでなく、お散歩にも向いていますよ。

ブダペスト観光のおすすめの日数は?

ブダペストの観光日数は2日

ブダペストの観光にはぜひ2日は取っていただきたいです。それは、ブダペストの夜景を楽しんでもらいたいから。また、冬場は寒さが厳しいので、観光のベストシーズンは4月~10月です。

ブタペスト市内の移動はトラベルカードで楽

ブタペスト市内はバスやトラム、地下鉄などの公共交通機関が発達しています。観光には、トラベルカードの1日券「24-hour Budapest-travelcard」は2,500 HUF(約900円)が乗り放題になります。片道チケット8枚買うよりも元が取れるというチケットですが、バスや地下鉄に乗るたびにチケットを買う手間がなくなるというのは旅行者には便利です。

移動が多い観光日にはおすすめのチケットです。

ブダペストまでのフライト時間は?

東京からブタペストまでのフライト時間は約18時間

羽田と成田空港の両方を含む東京出発でブタペストまでは直行便が出ていないため、ターキッシュ・エアラインズやルフトハンザ航空などで1都市を経由してブタペストに向かいます。

乗り継ぎであまり待たずに行けた場合は、東京からブタペストまで約18時間です。

フランクフルトからブタペストまでのフライト時間は約1.5時間

フランクフルトからブダペストまでの移動は、飛行機で約1時間30分です。

電車でもウィーンでの1回乗り継ぎで行くルートもありますが、所要時間は約10時間です。
車だと走行距離は約970㎞で、走行時間は約9時間。

時間的に余裕がないのなら、飛行機での移動が良さそうです。

余裕を持ったプランで行きたいブタペスト

ブタペストの観光スポットを大急ぎで紹介しましたが、いかがでしたか。

観光の見どころも多いブタペストは、写真でもその街の美しさが伝わってくるのではないでしょうか。街並みを楽しみ、歴史的建築物を見学して、美術館でも時間を取りたい…となれば、ブタペスト観光には1泊はもちろんのこと、2泊はしたいところです。

ブタペスト市内の移動なら「トラベルカード」の1日券を使えば、バスや地下鉄など公共機関が乗り放題となるので便利。

古き良きヨーロッパの街を味わいにブタペストに行ってみてはいかかでしょう。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。